よくあるご質問Q&A - 井上俊彦の【ガン改善メディカル・イーティング】解説ホームページ

サイトマップ

多くの末期ガン患者を食事療法で治してきた井上俊彦の【ガン改善メディカル・イーティング】解説ホームページです。

よくあるご質問Q&A - メディカル・イーティング

あなたの疑問に分かりやすくお答えするため、そして今の不安を解消していただくために、ここではQ&Aスタイルにて、メディカル・イーティングの詳細を解説していきます。

これを読み終えたとき、きっとあなたにもメディカル・イーティングの素晴らしさをご理解いただけるでしょう。ぜひ、今後の参考になさって下さい。

質問 食事を改善するだけでガンに効果があるというのは本当ですか?

お答え 食の力は偉大です。

正しい食を採り続ければその可能性は十分ありますし、もちろん個人差等もありますが、実際に様々な人がメディカル・イーティングによってガンを改善されました。

具体的に人体の仕組みからご説明すると、そもそも人間の身体はミネラルの構成バランスで造られております。結論として、そのバランスを崩さないように食事をきちんと採っていれば滅多に病気を患うことはありません。

では、どういう食べ物をどのくらいの割合で食べるべきなのでしょうか?

その答えのヒントは人間の歯の構成にも見てとれます。成人の歯は32本あり、そのうち20本が臼歯になっていますが、どうしてこういう構成になっているかを考えたことはありますか?

それぞれの本数は人間が本来食べるべき食物の割合を示しているのであって、(詳細は本書をお読みいただければわかりますが)そのために必要な歯の構成になっているのです。

ところが現代人は残念ながら人間が本来摂るべき食を摂っておりません。そのため身体にとって必要な数々のミネラルが不足し、ガンをはじめとする多くの治癒困難な病を引き起こしているのです。

これはメディカル・イーティングの基本であり、理論の極一部ですが、教材では確かな証明と根拠に基づく治癒レベルの食事療法をご紹介しています。

もちろん、効果には個人差がありますから、100%のお約束は出来ませんが、だからこそ返金保証をお付けしているのであり、正しい食事をすれば、これら病は治る可能性があるのです。

結論:メディカル・イーティングで癌の改善は可能!

質問 食事は1日3回ではなく、2回でもいいのですか?

お答え はい、大丈夫です。

本書に記した食事法をきちんと実行していただければ、1日2回でもけっこうです。

ただし、1日1回というふうに極端に少なくするのは好ましくありませんので、1日2回または3回とお考えください。

結論:1日の食事は3回、もしくは2回がベスト!

質問 メディカル・イーティングは他に治療費が必要ですか?

お答え いいえ、ご不要です。

メディカル・イーティングは、毎日の食事を実践書に従って改善していくだけですので、これといった治療費は不要です。

また、何かご不明な点や心配事がございましたら、私が無料でご相談に応じてまいりますので、他に特別な費用は一切かかりません。

結論:これといった治療費は不要!また、直接相談も無料!

質問 食べ物の好き嫌いがあっても続けられますか?

お答え はい、大丈夫です。

まず好き嫌いのうちの、好物についてですが、どなたにも好んで食べる食物はあるかとおもいます。

しかし、本書の中で説いている「食べてはいけない食べ物」の中に、あなたの好物がリストアップされている可能性はあるでしょう。

これについては、治癒するまでしばらく辛抱していただくしかありません。ガンという大敵に勝利するためです。きっとできるはずです。

また嫌いな食べ物については、あまり極端に多い人でなければ実践できますし、嫌いなものは食べなくても、他の食べ物で補うこともできますので問題ありません。

結論:嫌いな食べ物があっても、他の食材で補える!

質問 ガンが2か所以上ある場合は、どんな食事法になりますか?

お答え 転移する前に発症した部位のガンに合わせます。

たとえば胃ガンを発症した後、他の部位に転移された場合であれば、本書における胃ガンの項目に記された食事法を実行していただきます。

基本的に、胃ガンであっても肺ガン・肝臓ガン等であっても、メディカル・イーティングにおける食事法の基本は同一の部分が多く占めているため、治る時は両方とも一緒に治ります。

ちなみに、ガン以外の病の場合もほとんど一緒に治癒するケースが多いです。

結論:ガンが2か所以上ある場合は、転移する前の部位を!

質問 この食事療法で治癒した後も、一生続けないといけませんか?

お答え そんなことはありません。

治癒された後なら他の食事も適度になさってかまいません。ちなみに私の患者さんは、この食事法を続けていると食生活の好みも一変することが多く、健康な身体に戻った後も続けられている方が大勢いらっしゃいます。

特殊な食べ物や食べづらいものを、たくさん食べないといけないという食事法ではないため、それだけ無理なく続けられる食事法と言えるでしょう。

ただし、治癒されてもガンになられる前の食生活にすっかり戻ってしまうと再発の可能性が出てきますので、そこは注意したいところです。

結論:改善後ならば、他の食事を適度にしても大丈夫!

質問 料理が得意でなくても実践することができますか?

お答え もちろん、どなたにも手軽に作れる料理ばかりです。

料理教室で学ばないと作れないようなものでもなく、複雑な調理法も特別な知識も必要ありません。

もちろん料理の得意な人であれば、より美味しく作ることができるでしょう。

結論:簡単に料理できるものばかりだからどなたにも安心!

質問 年齢によって効果に差がありますか?

お答え 年齢によって効果に差が生じることはありません。

若い人はガンの進行も早いのですが、回復力も早いため改善するまでに驚くほど短期間で済んでしまう場合もあります。

ちなみに私の患者さんで最高齢は80歳、いちばんお若くて20歳の方がおられました。もちろんお二人とも治癒されております。

結論:これまでの実績にて効果による年齢差はありません!

質問 抗がん剤や放射線治療等、他の医療との併用はできますか?

お答え 併用は可能です。

ただし抗ガン剤や放射線治療については、一般の人が想像する以上に極めて高度な技術が求められる医療法ですので、良い病院、良い先生をお選びいただくことが大切かと思います。

また、抗ガン剤・放射線治療を行うことを前提に考えるならば、食事療法は自己免疫力を高めるためにも併用するべきです。

結論:他の医療との併用も可!むしろ自己免疫力が高まる!

質問 病状がどの程度回復したら、治癒したことになりますか?

お答え 検査結果をみることになります。

レントゲン、CT、MRA等の撮影画面から影が消えた場合、あるいは血液検査での数値が正常になった場合に治癒したことになります。

こうした検査は病院でお受けいただくことになります。

結論:治癒とは、影が消えたり、数値が正常に戻ること!

質問 遺伝性のガンでも、この食事療法で治りますか?

お答え この食事療法で可能です。

その場合、たしかにガンにはなりやすいのですが、治癒させることは十二分に可能です。これまで、そういう方もたくさん指導してきましたのでご安心ください。

また、一生ガンを発症させないまま人生を過ごすことも、この食事療法では可能です。

結論:遺伝子的にガンになりやすい体質でも改善できる!

質問 病院の医師からは食事療法では治らないと言われましたが?

お答え はい、大丈夫です。

その医師の方には大変失礼ですが、食事療法についてどの程度勉強されているか疑問です。

そもそも、医師になられる方は医大で勉強するわけですが、その講義のカリキュラムに未だ食事療法は導入されておりません。西洋医学を学んだ医師で食事療法の重要性を十分に理解している人はごく「まれ」と申せましょう。

最近ようやく、最先端の医療において分子栄養学、食養理論などの科学的研究がおこなわれ、こうした療法を積極的に導入している病院が少しずつ出てきたことは良い兆候です。

これは私見ですが、検査およびワンポイントでの手術・放射線治療等、西洋医学の素晴らしさは否定できるものでなく、それはそれで生かしつつ病院施設においても食事療法の導入が急がれるべきでしょう。

結論:事実、食事療法を導入する病院が増え続けている!

質問 サプリメントと併用してもいいですか?

お答え はい、大丈夫です。

併用できる・併用できないというより、メディカル・イーティングの食事法を徹底するとサプリメントの大部分は不要になります。

なぜなら、人間が本来摂るべき食のすべてを満たしている食事法ですから、サプリメントや他の食品等によって補う必要がないからです。

ただし、数あるサプリメントの一部には免疫力を上げるなど、その人の病状によって補ったほうが良いと判断しうる種類のものも、まったくないとは言い切れませんが、併用しなくても差し支えありません。

結論:併用する・しない以前、サプリメントは不要!

質問 胃腸が悪くてあまり食物を食べられませんが実践できるでしょうか?

お答え はい、大丈夫です。

そのような人のために食材をクリーム状にして食する調理方法もありますが、それでも受けつけないほど弱っている場合は、残念ながら改善は困難になってしまいます。

衰弱の程度や食べられる量等にもよりますが、基本的にメディカル・イーティングは食事療法ですので、ある程度食べられる方が対象となります。

結論:その方法はあるが、まったく食べられない人は困難!

質問 試してもガンが改善できなかった場合、返金保証などはありますか?

お答え はい、ございます。

改善する・しない以前に、メディカル・イーティングを3ヶ月実践して回復の兆しすら見えないようでしたら、本書の購入代金を全額ご返金させていただきます。

そもそも本書はガンを改善していただくために制作したものです。これで回復できなければ、本書の意味が全くありませんので、ご返金するのは当然のことと思っております。

結論:3か月実践して効果がなければ全額ご返金します!


>> ガン改善メディカル・イーティングの詳細はこちらをクリック!

井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇) - 価格キャッシュバック
ガンを治療した人達の画像