病院の癌治療は商売 - 井上俊彦の【ガン改善メディカル・イーティング】解説ホームページ

サイトマップ

多くの末期ガン患者を食事療法で治してきた井上俊彦の【ガン改善メディカル・イーティング】解説ホームページです。

病院の癌治療は商売 - メディカル・イーティング

医学が進歩しているはずなのに、ガンの死亡率が年々増え続けている日本の現実・・

20世紀は西洋医学が大いなる進化を遂げてきた世紀と言われています。

ところが日本はガンで死亡される方が1910年には32,998人だったのに、2006年には329,314人にものぼり、この100年ほどでなんと10倍にふくらんでしまいました。

これは単に人口が増加したからという理由ではありません。なぜなら、死亡率(人口10万人当たりの死亡者数)も、1910年の67.1人から2006年の260.0人に急増!

現代医学がこれほど飛躍的な進歩を遂げていると言われているにもかかわらず・・・です。

私は、ここで西洋医学がガンに無力であると言いたいのではありません。手術も適切なタイミングでおこなえば確かに1つの方法にはなるでしょう。

しかし、悪い部分を切り取れば解決するという狭い視点からだけの医療には限界があると申し上げたいのです。

抗ガン剤にしても、有名病院の医師などが自ら

“抗ガン剤は効かない”
“抗ガン剤は発ガン剤”
“自分がガンになったら抗ガン剤は拒否する”

などと告白した書籍がこの10年ほどの間に何冊も出版されて話題になりました。

医学界に身を置く人たち自らが多くの疑問を投げかけているのが、まさにガン医療の現場なのです。

そうした現実を目の前にして、自分の大切な命を安心して預けられるでしょうか?

世の中には科学で解決できないことは山ほどあります。最新の医学とて例外ではありません。

最近になってようやく西洋医学に漢方医学などを組み合せたり、使い分けたりしながら対処する病院が少しずつではありますが出てきました。

そうしたジャンルを超えた「統合医学」「ホリスティック医学」と呼ばれる総合的な見地によって、最良の方法で患者さんをケアするという取り組みが、欧米に比べてはるかに遅れています。

食事療法に対する認識の薄さもその1つでしょう。

だから医療現場にもっと高度な食事療法を役立てていく。そうした取り組みも日本が本当の意味で医学先進国の道を歩むために必要なのです。

手術や抗ガン剤治療が全てだと言う人たちへ

さて、当サイトではメディカル・イーティングとはどのような食事療法なのかをご説明しています。

また、教材の他にどんなサービスがあるのか、費用はどのくらいなのか、返金保証とはどういうものかなど、出来る限り分かりやすくお伝えしているつもりです。

しかし、西洋医学に慣れ親しんだ現代社会、特に日本においては、「食事でガンが治る」なんて話をすると、きっと首をかしげる人が多いでしょう。こればかりは仕方のないことです。

ただ、そういった方にも分かりやすくお伝えできるとすれば、生物には自然治癒の能力があり、それは「誰でも必ず経験していること」だということです。

たとえば、道で転んで擦り傷を作ったとします。放っておけば、やがてかさぶたになり、その後ケガは治ります。ただし、体力が著しく低下している場合、つまり自然治癒能力が低下している場合は、この定かではありません。これは全ての病に言えることです。

もし、すべての病が自然治癒能力で治せるわけではないというのなら、どの病気は自然治癒能力で治せて、どの病気は治せないのでしょうか?

科学で解明できたものと、そうでないものの違いなのですか?

そうではありませんよね。

あなたもご存知でしょうが、医師から見放された難病患者が病気を改善したという事例は世界中にたくさんあります。私の妻もその中の一人です。

つまり、科学で解明できていないだけで、どんな病気も自然治癒能力で治せる可能性があるということです。ここまではお分かりですか?

それともう一つ。私は、体に悪い食べ物は一切摂らず、逆に体に良い食べ物をだけ摂って、健全な体を取り戻し、自然治癒能力を高めましょうとご提案しているに過ぎません。

そこで、あなたにお聞きします。これは悪いことですか?それとも良いことですか?

病気の進行を進めることですか?治る可能性が低下することですか?

人間は水や食べ物をエネルギーに変え、生命体を維持しています。「悪いものをたくさん食べれば、病気になる」これは誰でも知っていることです。ではその逆はどうでしょう?

私が言っていることは、「常識的」な人たちには理解しがたいことかもしれません。当然、こういったサービスをしていれば大勢からのバッシングもあるでしょう。そんなことは百も承知です。すべての方に理解してもらえるなんて最初から思っていません。

しかし、科学的に解明されたことが全てだというのなら、難病を患って余命を宣告された方は、黙って死を待つしかないのでしょうか?ただただ副作用の強い薬に耐えるしかないのでしょうか?

もし、「そうだ」とおっしゃるならば、私には理解しかねます。私ならとてもそうは思えません。

たとえ、癌だとしても治る可能性はあるのです。可能性があるのなら、それにチャレンジすることは間違っていないのです。

私はどんなにバッシングを受けたとしても、この考え方だけは変えるつもりはありません。

メディカル・イーティングを始める前に

今回のメディカルイーティング(ガン篇)は、癌に特化した食事療法をご紹介したものですが、単なるレシピの紹介ではなく、あなたに納得して取り組んでいただけるように、その根拠となる理論までをこと細かくご説明したものです。

決していい加減なものではありません。

また、当サイトでは教材のご提供だけではなく、セミナーや個別面談サービスもお付けしています。

もし私が当サイトや教材でいい加減なことを述べているとしたら、そんなサービスができますか?患者さんに直接お会いできますか?

後ろめたくてとてもできないはずです。

私の場合は、これまでやってきたことに自信や実績があるからできるのです。決して無責任にいい加減なことを述べているつもりはありません。

もちろん、かといって全ての患者さんのお役にたてるかどうかは分かりません。効果がある人もいらっしゃれば、中には効果を感じられない人もおられるでしょう。

ですから、私の教材には返金保証をお付けしております。効果がなかった方からお金をいただくわけにはいかないからです。

でも、私はこれこそが本来の医療のあるべき姿ではないかと思っています。

もしかしたら単なる理想論にしか聞こえないかもしれませんが、私はその理想論をずいぶんと長い間続けてきました。全ては患者さんとそのご家族のためです。

医療業界でこんなことをやったら、きっと癌を診る医師などいなくなるでしょう。あまり表現がよくありませんが「商売が成り立たなくなってしまう」からです。

癌の場合、治っても治らなくても数百万円…それが医療業界の現状です。

食事療法ということに関しても、返金保証についても、「常識的」な人たちから見れば、すべてが信じられないことかもしれません。ですから、当然、無理強いは一切致しません。

あなたがチャレンジしてみたいと思えばチャレンジしていただければ良いですし、やりたくなければやらなければ良いだけです。

むしろ、「頑張ろう」「生きよう」という気力がない方は、たとえメディカル・イーティングを実践しても良い結果が得られないかと思いますので、そういう場合は最初からやらない方が良いでしょう。

病気を患ったとき、「どうするか」はすべて自分が決めることです。そして、それには人それぞれの考え方があり、自分に納得できる道を選ぶのが最終的に自分のためになります。

そんな中、もしメディカル・イーティングに挑戦したいという方がいらっしゃれば、私が全力でお手伝いいたしますので、ぜひチャレンジしてみてください。あなたが諦めない限り、私も決して諦めません。

あなたと共に闘っていくことをここでお約束いたします・・・


>> ガン改善メディカル・イーティングの詳細はこちらをクリック!

井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇) - 価格キャッシュバック
ガンを治療した人達の画像